V.A. / MUSIC FROM BAROTSELAND


★Recordings in Zambia’s West Province – Lozi, Mbunda, nkoya, Luvale

こちらも、“21世紀のヒュー・トレイシー” マイケル・ベアード(ザンビア生まれのオランダに住まうイギリス人)の新録フィールド・レコーディング集となります。ザンビア西部を中心に、ナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、ザンビア、アンゴラにまたがる “王国” バロッツェランドでのフィールド・ワーク、珍しいですねえ!

南部アフリカ、ザンビアの音楽を知る!第2弾
大好評をいただいている『幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ』を編纂した、SWPレコードのマイケル・ベアードによるフィールド・レコーディング集。全4枚のCDに写真も満載の48ページの詳細な解説が付いた、豪華ハードカヴァー・ブック仕様。どの作品も新しい音楽的発見に満ちあふれています。

● 1950年代におこなわれ、アフリカ・フィールド・レコーディングの初期録音にして最高峰として名高いヒュー・トレーシーの録音群。その膨大なアーカイヴから選曲し、22枚のコレクションCDにまとめ上げた『幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ』。その編纂作業のかたわら、自らも出身地、南部アフリカのザンビアでレコーディングを行ってきたマイケル・ベアード。その深い愛情に満ちたアフリカ音楽文化へのアプローチによって、「現代のヒュー・トレーシー」とも呼ばれています。そんな彼が、その活動の集大成とも言えそうな知られざる“ザンビア音楽”を紹介するシリーズを開始しました。
● その第2弾となる本作は、ザンビアの10ある州の一つ西部州にある、古代王国バロツェランドの音楽を4枚のCDで収録しています。中央政府の思惑とは相反し、バロツェランドではリトゥンガと呼ばれる王の元、シロツィといわれる独自の言語で、誇り高き文化的アイデンティティーを現在まで保っています。

※ CD1「シエンボカ音楽」
シエンボカはバロッツェランドの国楽であり、西部州を代表する音楽です。シリンバの木琴と3~4本の太鼓で演奏され、村全体で踊りながら歌われる、重要な祝祭音楽です。時には、木琴は長さ5メートルにもなる巨大なもので、5人の男性が同時に演奏することもあるそうです。
※ CD2「バロッツェ・ギター」
西部州の一部では、カンゴンビオの親指ピアノの伝統がギター演奏に移植され、古い調律とハーモニクスが使われています。カンゴンビオの親指ピアノは廃れつつありますが、二人で歌い、第二声がファルセットを加え、瓶や金属、木片などで基本的なビートを演奏するという伝統が、ここではギター演奏上で聴くことができます。このバロッツェ・ギターの音楽は、ザンビア以外では知られていません。
※ CD3「カンゴンビオ・シリンバ・ジャズ」
ザンビアの西部州のジャジーな音楽をいろいろ収録しています。最初に若者が伝統的なシリンバの木琴のソロを演奏披露しています。続いて3人の古老による、カンゴンビオの魔法の様な音色の親指ピアノ演奏を収録。その素晴らしさとは裏腹に廃れつつあるそうで、とても貴重な録音と言えます。さらに、ギター、ベース、ドラム・セットなどの洋楽器を模した自作楽器を使った、自称ジャズ・バンドのグルーヴィーな、アコースティック・ダンス・バンドの演奏を収録しています。

※ CD4「ドラムス、ヴォイス、スティック」。
驚くべきドラミング(リードドラムは常に最も大きく/最も深い)と美しいヴォーカルを集めた録音集です。木のスティックて叩くものの他、リンダンバのフリクション・ドラム(摩擦太鼓)も、歌の伴奏で演奏されています。これらは、まさにバロツェランドの伝統的音楽といえるものです。今まで録音されたことがなかったトゥコンコベレの弔いの歌も収録。

〜サプライヤーインフォより

Disc 1
1. Lipepo Katimulozi, by Kapata Culture Group
2. Ushilikanuke Utambule Muhole, by Kapata Culture Group
3. Mike Yekaulenge Inongoma, by Kapata Culture Group
4. Nikaipangula, by Mumbumbu Cultural Group
5. Sibonita, by Mumbumbu Cultural Group
6. Babanyezwi Balushupa, by Silimwa Selected
7. Mwalibali Kimasila/Wayawanisiya Lokoto, by Silimwa Selected
8. Nibi Ya Mwa Buse, by Nasiyongo Cultural Group
9. Kunyala Mwana Muloi, by Nasiyongo Cultural Group
10. Chalala Chalala, by Yuka Royal Cultural Group
11. Mbunga, by Kwalela Crew
12. Silimo, by Libala & Kapoba

Disc 2
1. Ma Mundia, by Lipa Band
2. Toninge Silami, by Lipa Band
3. Jealous Yende, by Lipa Band
4. Sibeze Sizegelo, by Lipa Band
5. Ba Liseli Mueza Hande, by Lipa Band
6. Tate, by Libala Band
7. Lisungu, by Libala Band
8. Masholi, by Libala Band
9. Musipili, by Libala Band
10. Libita, by Libala Band
11. Purity, by Mufalo Mukelabai
12. Mashelen’i, by Barotse Band
13. Musike Mwanishanda, by Barotse Band
14. Chongono, by Libala Band
15. Likungumbenje, by Libala Band

Disc 3
1. Kuwabile, by Pelekelo Mufalo
2. Saba Silumba, by Pelekelo Mufalo
3. Libazhi, by Pelekelo Mufalo
4. Makaliwon, by Collens Shawinga
5. Nzona Nandona Mutimake, by Collens Shawinga
6. Zamahala Zinata Kale, by Collens Shawinga
7. Naikela Mula Laundi, by Alfred Chiyembele
8. Ngila Ya Mumbezhi, by Alfred Chiyembele
9. Chiyembele instrumental, by Alfred Chiyembele
10. Machurch Nimwawo, by Alban Kateta Kapemba
11. Mushiengo, by Alban Kateta Kapemba
12. Weririwo, by Alban Kateta Kapemba
13. Mariana, by Alban Kateta Kapemba
14. Sa Kayombo, by Ulengo Jazz Band
15. Muzwe, by Ulengo Jazz Band
16. Mutahe, by Ulengo Jazz Band

Disc 4
1. Mulumele Mulemele, by Mboanjikana Cultural Group
2. Mboanjikana Sizo, by Mboanjikana Cultural Group
3. Tuhumwelele Kanjonja, by Mboanjikana Cultural Group
4. Kwatene Kubingoma Basizo Baneza, by Mboanjikana Cultural Group
5. Kulemesa Chisemwa Chetu, by Chiweka Dancing Cultural Group
6. Ngombo, by Chiweka Dancing Cultural Group
7. Ivwa Mwanami Mwailia, by Chiweka Dancing Cultural Group
8. Iyaze Mwa Ngusabula, by Yuka Royal Cultural Group
9. Mwatatengu Nakapanda Bulozi, by Yuka Royal Cultural Group
10. Tulandula, by Libala Cultural Group
11. Tukonkobele Suite, by Sibupiwa Cultural Group
12. Ndele Ku Batonesha, by Sibupiwa Cultural Group
13. Kachacha, by Chiweka Dancing Cultural Group

Field recordings by Michael Baird made in 2016 & 2018.

▽参考

▽参考

go top