天光軒新月 / 江州音頭 葛の葉白狐伝


1998年日本コロムビアからカセットで発売された音源が遂にCD化。

「さてこの天光軒新月師は、芸名の示す如とおり3代目天光軒満月門下の浪曲師でもあるが、江州音頭に入ったのは浪曲よりも早く、すでに十二才の時に女流の小春師に師事したという。そしてこんにちも毎年高槻市の「とんだ祭り盆踊り」を始めとして、各地で数名の門下生とともに活躍し、また江州本場の音頭師諸氏とも交流を広めている。レコーディングはせ初めてだが、若い時からかねがねオーケストラ伴奏の江州音頭を吹き込むのが夢だったとか。その夢がめでたく実現したこのカセットテープは、シンセサイザーを活用した伴奏ながら、16ビートのシャレた感じのリズムに愁い節のマイナー音頭を見事に乗せて、本格的なプロの女声コーラスの囃しに支えられての素晴らしい出来ばえで、さぞや老若男女すべての音頭好き人間のハートを捕えることであろうと期待している。」(村井市郎 解説より)

■曲目
1. 江州音頭葛の葉白狐伝(歌入り) (13:13)
2. 江州音頭葛の葉白狐伝(カラオケ) (13:12)
3. 特別編集盆踊り用 (12:23)

■天光軒新月のプロフィール
1965年江州音頭を桜川小春師に師事。1970年浪曲師・三代目天光軒満月師に師事。
同年天光軒小満月として初舞台。1976年天光軒新月と改名。
1984年桜川唯丸会結成10周年記念盆踊り大会出演。2019年大阪府知事表彰文化芸術功労賞受賞。陰旋律の独特な江州音頭を伝える。
音源に浪曲『越前竹人形』(1994年キングレコード)。江州音頭『葛の葉白狐伝』(1998年日本コロムビア)。
音頭外題に≪越前竹人形≫、≪葛の葉白狐伝≫など。

〜メーカーインフォより

go top