V.A. / POR ME A GROG, the funana revolt in 1990s cabo verde


カボヴェルデといえば、哀愁のモルナと相場は決まっているのですが、伝統系ダンス音楽、コラデイラや、そしてなんと言っても庶民派ダンス音楽、フナナーを忘れてはいけませんね。とはいえ、フナナーの存在証明とでも言えるザディコやクンビアのソレみたいな、アコーディオン演奏がうやむやになってしまった観のある最近のフナナーはともかく、こんなフナナーが聴きたかったというコレクション、流石というべきか、北米 OSTINATO がリリースしてくれたわけです。なかなかCDが入荷しないフェロー・ガイタの1曲目(ちゃんとトレードマーク?の法螺貝吹奏もきけますよ!ちなみに“ガイタ”とはアコーディオンのこと)から、アナログアフリカから出ていたビトーリの曲や、その曲の相方でもある、ビートの効いたフナナーでシャウトするラストのフェフェ・ジ・カルビチェーラ(イタリア系?初めて聞く名前です)まで、充実のラインナップですよ!

1.Ferro Gaita – Rei di Tabanka 04:39
2.Etalvinho Preta – Mulato Ferrera 03:47
3.Tchota Suari e Chando Graciosa – Nha Boi 06:21
4.Avelino e Orlando Pantera – Nha Lutcha 05:22
5.Peps Love – Pom Um Grogu 06:30
6.Bitori e Fefé di Calbicera – Mô Na Máma 04:32
7.Orlando Pantera – Rabidanti 05:01
8.Fefé di Calbicera – Tra Tchapéu 04:19

go top