ELEFTHERIA ARVANITAKI, DIMITRIS PAPADIMITRIOU ‎/ TRAGOUDIA GIA TOUS MINES



エレフセリアの数ある作の中でも、異色作だと思います。イラストの描かれた歌詞カードがスケッチブック状に綴られた凝った作りのCDになっています。作曲のディミトリス・パパディミトリゥはクラシックからライカ、映画音楽まで手がけるマルチな作曲家です(この作の後、ギリシャ国営放送のラジオ局長、ギリシャ音楽を促進する非営利団体”Hellenic Plan” の設立者となり、今はそっちの方面の人に? もともと、オナシス関係の家柄、お金持ちの生まれでした)。そんなディミトリスに作曲家になることを勧めたのはマノス・ハジダキス“日曜はダメよ”の人ですね。なので、ここに並ぶ曲も、どこか、いわゆる60〜70年代のギリシャの映画挿入歌みたいな味わいを感じさせます。それもまた作曲家ミュージックとしてあるギリシャ音楽の一つの大きな流れでした。

1. MYSTIRIO TRENO
2. EYTYHOS POU YPARHEIS
3. TO KALOKAIRI AYTO
4. SAN TO FYLLO STON AERA
5. ROSIKI ROULETA
6. AKINDYNI AGKALIA
7. O STOHOS EIMAI EGO
8. MAKRIA GIA OSO ZO
9. STON MATION SOU TO GKRIZO
10. METAXY MAS

go top