BOŽO VREĆO ‎/ MELEK


▽28秒後に始まります。

う〜ん、この世は広い、まだまだ未知の音楽も音楽家も無限にいるわけで、このボスニア・ヘルツェゴヴィナのフォーチャ出身だというセルビア人音楽家、ボジョ・ヴレッチョ(1981-)、果たして当店的に売れるものか売れないのか、それはわかりませんが(とかなんとか言っておりましたが、けっこうリクエスト多いので、調子に乗って再々々入荷!)、元考古学教授、もっと前は女の子みたいな男の子としてイジメにあっていたそうです。
ある時、彼はサラエボのカフェの音楽家達が “セブダリンカ” を歌うのに接し、自分の人生は歌のためにあると悟った、とのこと。
セブダリンカとはオスマン・トルコの時代から歌われて来た歌謡であり、トルコ〜アラブ・アンダルース、セファルディックの交わりから生まれた歌謡とされていますが、カフェで歌われる歌謡ということ、あるいはオスマン・トルコ時代からの唄ということだし、やはり “アマ〜ン”風の引き伸ばされた節まわしの即興から歌い出すことも多いそうで、ギリシャの “アマネス(アマーン・ソング)” に類する唄の伝統でしょうね。とは言え、セブダリンカとこの人の歌がどこまでリンクするのか疑問なのですが…。
で、この髭をたくわえ入れ墨をした男、というか、男女の性別を超えた者、というか、両性具有というか、ま、星を帯びた者とでもいうか、ボジョ・ヴレッチョの歌の世界、なかなか静謐にして端正、そして意味不明の歌い口であり、無国籍ともトラディショナルとも聞こえ、それは、民族や国境、宗教の違いを無効にしてしまうような、ある意味、異形の者の歌として、あらゆるボーダーを越えて響くようにも聞こえます。
実際、様々な境界線、民族性や宗教の違いから歴史的不幸を生み出して来たバルカンの地で、彼の歌はあらゆる境界を超えて聞かれているそうですが…。>★

1 Dragi
Feat. Vasko Atanasovski
2 Ko Li Noćas Miluje Ti Kosu
Feat. Vasil Hadžimanov
3 Jelenče
4 Sanjao Sam
Feat. Marko Stojanović Louis
5 Esma
6 Ona Spava Na Postelji Od Lala
Feat. Joost Spijkers
7 Volio Me Kao Oči
Feat. Miroslav Tadić
8 Neka Me Ne Bude
Feat. Eslam El-Sha’ary, Mario Batkovic
9 Polje Makova
Feat. Luboyna !!!
10 Marija
Feat. Ingmar Piano Duo
11 Krila
12 Mila
13 Anđeli
14 Meni Si Bila Vrijedna
15 Ostala Sam Sama
16 Bismillah
17 Gdje Će Ti Duša
Feat. Bane Vasić

go top