SIDIKU BUARI / FEELINGS & JAM BUSTERS


音楽内容にあんまり関係ない情報ですが、奥さんが元ミス・ガーナ、シディキ・ブアリ自身は元アスリート、400mのガーナ代表だったそう。60年代後半は渡米し野球やってたそう(?)。後年、ガーナのミュージシャン・ユニオンの会長に…というようなことはともかく、これまでシディキ・ブアリの作として、よく知られていたのはガーナ帰国後に幾つかリリースしていた70年代後半のアフロ・ファンクLPでしたが、本CDは1982年と83年のレアーなLPを2枚カップリング・リイシューしたもので、いかにも80年代初期らしいシンセ&打ち込みで生み出されたアフロ・ディスコが、なかなかスッ飛んだグルーヴを描き出していて、アフリカ云々からは一旦離れても、意味不明な清涼感を伝えてくれて、得難いものが…。1980年前後の各種ニューウェイヴ・ダンス系とか、リック・ジェイムズとか、初期ブレイクダンス関係とかお好きな方にオススメ!?なのかどうか…

1. Music
2. Feelings
3. Yayo Papa (Good Friend)
4. Anokwar (Truth)
5. Let’s Go Funky Town
6. Minsumobo
7. Sophisticated Jammer
8. Karambani
9. Power To My People
10. Rhythm Of Africa

go top