PASCALS / 日々、としつき


結成23年、1stアルバムから21年、初のフランスツアーから17年。
今、6年ぶりの6thアルバム『日々、 としつき』が
ここにあって、すべてが宝物。
14人編成のアコースティック・オーケストラ「パスカルズ」の結成23年目にして
6年ぶりの6thアルバム『日々、 としつき』が完成!
今作では映画や演劇などで使用された曲も多く、
舞台「祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~」(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作 演出)挿入曲「蝶」、
映画「野のなななのか」(大林宜彦監督)主題曲「野のなななのか」、挿入曲「ガタタンロード」、
映画「この空の花――長岡花火物語」(大林宜彦監督) 挿入曲「花火」、
短編アニメーション「WONDER」(水江未来監督) 表題曲「WONDER」なども収録。
24年目もビッグでピンク、チープでグレート!
「パスカルズ」の日々を彩る宝物のような一枚。

1. いのち
2. 蝶
3. 画集
4. ガタタンロード
5. リボン4拍子
6. ハートランド
7. ニンボ
8. 花火
9. りんごりんご
10. 野のなななのか
11. WONDER

パスカルズ
ロケット・マツ(メロディオン、ピアノ、 アコーディオン、マンドリン、コーラス)
あかね(トイピアノ、メロディオン、コンサーティナ、ボーカル、コーラス)
金井太郎(ガットギター、チャキギター、エレキギター、コーラス)
知久寿焼(ウクレレ、 口琴、おもちゃ、ボーカル、コーラス)
原さとし(バンジョー、コーラス)
松井亜由美(バイオリン、コーラス)
クリスチィヌ(バイオリン、コーラス)
うつお(バイオリン、リコーダー、コーラス)
大竹サラ(バイオリン、リコーダー、コーラス)
三木黄太(チェロ、コーラス)
坂本弘道(チェロ、エレクトロニクス、のこぎり、マンドロンチェロ、コーラス)
永畑風人(トランペット、ソプラノサックス、ガスホース、フリューゲルホルン、コーラス)
石川浩司(パーカッション、おもちゃ、ボーカル、コーラス)
横澤龍太郎(ドラムス、パーカッション、コーラス)

監修:関島岳郎

■パスカルズPROFILE
ピアニカ、トイピアノ、バイオリン、チェロ、トランペット、ウクレレ、ギター、バンジョー、ドラムス、パー カッション、リコーダー、ノコギリ、おもちゃ、などなど、14人編成のアコースティック・オーケストラ。
1995年 1 月 ロケット・マツを中心に結成、歩き始める。
1997 年11月 1st アルバム『こりすちゃん・でおーる』を発表。
2001 年2 月 フランスの前衛音楽家パスカル・コムラード presents によるCD『Pascals ふらんすdeでおーる』が全ヨーロッパ、アメリカ、アジアで発売される。フランスではル・モンド紙、テレラマ誌、レザンロキュプティブル誌の月間イチオシ推薦盤シールを獲得。フランスでも珍しいトリプル受賞となる。
2001年11 月 フランス・レンヌの「Trance Musical Festival」に招聘され渡仏。フランスのツアープロダクション『 Run Productions』と出会い、これまでに5回の欧州ツアーと1回の豪州ツアーを敢行。本年11 月にも欧州ツアーを予定している。
国内では「S U M M E R S O N I C 2 0 0 9」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO」「ARABAKI ROCK FEST.2010/2012」「TONOFON FESTIVAL 2011」「服部緑地RAINBOW HILL 2 0 0 9 / 2 0 1 2 / 2 0 1 4 / 2 0 1 8 」などのフェスティバルに出演。
これまでに国内盤CD8枚、海外盤4枚、ライブDVD3作品をリリースしている。
近年はライブ活動のほかに映画や舞台の音楽も手がけ、昨年はT B S 深夜ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』の音楽も担当した。

〜〜メーカーインフォより〜〜

go top