PIO LEIVA & BILLO’S CARACAS BOYS 


キューバでモントゥーノ(コール・アンド・リスポンス)といえばこの人といわれる、ピオ・レイバ。ベニー・モレー、ベボ・バルデースからノロ・モラレス、ビジョス・カラカス・ボーイズ、コンパイ・セグンド、エストレージョス・デ・アレイートなどなどとの共演でも知られ、常に第一線で活躍してきたソネーロです。映画ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブでもフィーチャーされていましたし、来日もしてくれましたので、日本でもお馴染みでしょうか。
本CD-Rは、ベネズエラを代表するラテン・ビッグ・バンド、ビジョス・カラカス・ボーイズのリーダー、ビジョ・フロメタが1959年にハバナを訪れ、キューバのミュージシャンを使い、ピオ・レイバをフィーチャーして録音したアルバム『Oyendo A Billo』(Vene Vox BL-27)全曲に、出所不明な8曲をプラスした復刻CD-Rです。オリジナル・アナログもビジョス・カラカス・ボーイズ名義での発売でした。リーダーが同じなので、こう表記したのでしょうか?
参加したキューバのミュージシャンは有名どころでは、ウィルフレード・デ・ロス・レジェスJR.、カルロス・ディアス、パピート・エルナンデスらが参加しています。ピオ・レイバも一番脂の乗り切った時期なので、メレンゲなどのいつもと違うレパートリーも難なく歌い切っています。
CD-Rですが音質良好。既出のVINTAGE MUSIC盤(8425724101161)と同内容ですが、こちらはプラケース仕様になります。(サプライヤーインフォより)

1. Déjenme En Paz (Cha Cha Chá) – Justí Barreto
2. Me Voy Para La Luna (Son Cha Chá) – Celia Romero
3. Viento Verde (Merecumbé) – R. Campos Miranda
4. Pescador De Margarita (Guaracha) – Billo Frómeta
5. Espera Quisqueyana (Bolero) – Billo Frómeta
6. Total (Bolero Cha Cha Chá) – R. Perdomo
7. A Orillas De Chicagua (Merecumbé) – C. Salcedo
8. Tengo Una Esperanzita (Cha Cha Chá) – C. Rigual
9. Noche De Luna (Canción Bolero) – Malgoni
10. Sabina (Merengue) – Luis Kalaf
11. La Picazón (Merengue) – Luis Kalaf
12. Gaita De Venezuela – D. López
13. Española (Guaracha) – E. Tarife
14. Panchita Se Fue Pa’l Llano (Jaleo) – Billo Frómeta
15. Pinocho (Cha Cha Chá) – F. Castillone
16. Historia De Mi Vida (Danzonete) – M. Cavagnaro
17. Compay Manolo (Merengue) – Pío Leyva
18. Mi Cuñá (Jaleo) – Luis Kalaf
19. Bueno Que Baila (Merengue) – Billo Frómeta
20. Bombon (Merecumbé) – P. Galán

go top