PELLO EL AFROKAN Y SU RITMO MOZAMBIQUE


キューバ革命後の新リズム、カーニバル音楽をアレンジした「モサンビーケ」のオリジネイターとして知られるページョ・エル・アフロカーン。大所帯のパーカッションと歌、ホーン・セクションが巻き起こす、圧巻のアフロ・キューバン・グルーヴはエディ・パルミエリらにも影響を与えました。
本作は、シングルなどの音源を併せたものと思われる10曲入りのリイシューCD-Rです。録音時期は60~80年代となるでしょうか。前半5曲は、ピアノ、ギター、ベース、ドラムス、パーカッション、管楽器セクションを擁する(曲により若干編成が異なります)、グイグイとサウンドを牽引するエレキ・ベースのトゥンバオがイラケレを彷彿とさせるようなバンドでの演奏。ページョ御大のゲロゲロ声ヴォーカルも飛び出して、強力なアフロ・グルーヴを現出させています。名盤の誉れ高い『ウン・サボール・ケ・カンタ Un Sabor Que Canta』と同時期の録音では無いかと思われます。なかり実験的な音も聞かせ、第2次絶頂期と言えそうなサウンド群です。
後半はパーカッションのポリリズムと管楽器部隊、合唱が織りなす練り歩き系カーニバル音楽としてのモサンビーケの祭典です。
キューバの黒い音が好きな人は必須、パーカッションが好きな人も必須、ニューヨーク・サルサが好きな人は彼らのルーツの一つを知りましょう! アフロビートとかが好きな人にもお薦めいたします。(サプライヤーインフォより)
本作はCD-Rによるリイシューで、一部、音に歪みがあります。予めご了承ください。

1. Y DESPUES DE ESTO QUE
2. TRAIGO PIÑA
3. REPICANDO EN BLUE
4. PROCEDE, TOMA Y DAME
5. CUMBA TINDE
6. MOZAMBIQUE DE LOS ANIMALES
7. SE QUE ME LLAMA
8. ETERNA JUVENTUD
9. COMPRENDE MI RITMO
10. MOZAMBIQUE DE LA CAÑA

go top