LAERCIO DE FREITAS / E O SOM ROCEIRO


1972年作マルチ・インストゥルメンタル奏者&アレンジャー&コンポーザーの~マエストロ=ラエルシオ・ジ・フレイタスの1stアルバムが、再度複刻CD化されました!ラダメス・ニャターリのセクステットや、メキシコ時代のタンバ4にも参加していた才人、クララ・ヌネス、マルコス・ヴァーリやエルザ・ソアレスの作品を手がけて来ましたが、現在も、アレンジャーとして活躍中、最近では愛娘タルマ・ジ・フレイタスの作品で健在ぶりを発揮していました。このファースト、冒頭”マミー・ブルー”のラテン・ロック風展開、カルメン・ミランダ”アロー・アロー”のハッピー&ダンサブルなアレンジぶりほか、最初から最後まで、楽しませてくれます!

go top