HERMANOS RIGUAL / CUANDO CALIENTANA EL SOL


メキシコを拠点に人気を博したキューバ出身のペドロ、カルロス、マリオによるリグアル3兄弟のヴォーカル・トリオ、ロス・エルマノス・リグアルは、メキシコの地を拠点として、1960年代を中心に国際的人気を博しました。本作は、60年代にRCAからリリースされたシングルを集めたものと思われる、16曲入りのリイシュー盤です。
英語(エンゲルベルト・フンパーディンク他「ラヴ・ミー・ウィズ・オール・ユア・ハート=太陽は燃えている」)やフランス語にも訳され国際的なヒット曲となった「クアンド・カリエンタ・エル・ソル」をはじめ、ピアノやエレキギターなども用いたスペイン語によるロッカ・バラード系のナンバーをこなしたりしますが、コーラスのハーモニーは、メキシコ系トリオのボレロとも地続きな感じです。コンフントをバックにしたチャチャチャ系のレパートリーでも持ち味を発揮。曲は自作の他、エディ・ガイタンやネルソン・ナバーロ、イタリアでもポピュラーな存在となったということもあってか、イタリアのソングライターの曲も演じています。
盤起こしと思われ、若干のノイズの入るのトラックもありますが、音質はまずまず良好です。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

1. Cuando Calienta El Sol – Carlos Rigual, Mario Rigual
2. Cuando Brilla La Luna – Mario Alvarez, Mario Rigual
3. Guitarra Enamorada – Mario Rigual
4. Dondolano – Dansavio, Giangrano
5. Medianoche – A. Rotunno, C. Rossi
6. Era Una Tarde De Verano – C. Rigual, Migliacci
7. Señora Doña Cibeles – Augusto Algueró
8. Sole, Sole – Casadei, Zanin
9. Noche Maravillosa – Mario Rigual
10. Nace El Amor – Carlos Rigual, Pedro Rigual
11. Cuando El Cielo Y La Luna – Rossi, Proen
12. Necesito Un Amor – H. Bello Palacios
13. Corazón De Papel – Nelson Navarro
14. Una Miradita – E. Gaytán
15. Marcela – Rossi, P. Rigual
16. Besito En Cha Cha Cha – C. Rigual

go top