DIOGAL / ROADSIDE


デビュー作『サンバ・アッラ』が日本でも紹介されている、1970年生まれのセネガル人シンガー・ソングライター、ジョガルによる2018年の5作目のアルバムです。独学で取得したという、自身の奏でるアコースティック・ギターと共に、ソフトで温かみのある歌声で紡がれるアフリカン・フォーキー。曲によりチェロや打楽器タマを絡めたり、エフェクト音を挿入したり、ベース&ドラムスとのバンド編成でポップに仕上げらています。おおらかで、包容力があり、そこはかとない浮遊感を漂わすサウンド。ラストでは、ライ・クーダーの共演作などでも知られるマリ共和国のシンガー/ギタリスト、アリ・ファルカ・トゥーレに捧げたナンバーを収めています。(サプライヤーインフォより)

1. Retiou
2. Fiire
3. Fale
4. Yene
5. Doy Lu
6. Wote
7. Nopp
8. Reer
9. Hommage à Ali Farka Touré

go top