LIO / CANTA CAYMMI


>★

バイーアの重鎮、ドリヴァル・カイーミの名曲群を、あの80年代フレンチPOPシーンに登場して一世を風靡した女性歌手(1962年ポルトガル生まれ、その後ベルギーで生まれ育った)リオがカヴァーした新作。もちろん、ポル生まれなので、ポル語も不自然じゃないんでしょうね。ギターを弾いているのはジャック・デュヴァル、ということで、一世を風靡していた頃のリオをプロデュースしていた人ですね。しかもリリースはクラムドから。時代は移りゆくものです。で、意外?とイイんで当店も遅ればせながら…、秋にあいますよ。

go top