ADEKUNLE GOLD / ABOUT 30


注 * 最新流行のナイジャPOPでさえ家内制手工業の域を出ない印刷ズレのボロ紙ジャケが圧倒的多数、通販の皆様におきましては、送られて来たナイジェリア盤のボロジャケ、中古盤のようなCDを見て激怒したりしないで下さいね、よろしくお願い致します !?(もちろん再生不可の際は交換 or ご返金応じますが…)ちなみに本ジャケ写(表)は、世界的大企業のダウンロードサイトから勝手に頂戴しました。ので、綺麗ですが…(裏ジャケの方は当店の入荷品、版ずれビシッと決めてくれていますよ、押忍!乱視入ったかと思いますよ、毎度)。

 

 

 

>こちら 2016年の作が16曲収録で、この2018年新作の曲目クレジットは、”1″ からではなく、”17″ から始まり “30” で終わる全14曲(ほかボーナス、リミックス含む2曲収録の計16曲)なので、”About 30″ という謎めいたタイトルの意味は ”約30曲” ということかも知れませんし、アデクンレ・ゴールドの誕生日は1987年1月28日だということですから、その年令は31歳(2018)、なので “About 30” なのかも知れません。どっちにしても、アバウトなタイトルだなと思います(通常、数字にこだわる人は細かい性格と言われていますが、この場合、いいタイトルが想い浮かばなかったことに対する遊びゴコロと解した方が当たりかもですね…)。
って、どーでもイイことですが、さて、このセカンド・アルバム、前作の “アーバン・ハイライフ” 路線から、(幼い頃から Juju ばっかり聴いて来たというミュージシャン&グラフィック・デザイナーとしてのアデクンレらしく)もう一歩進んで、ヨルバ系リズム感にこだわりつつ、ナイジェリア社会の今をイロイロ汲み取り、ソングライティングの才能をいっそう発揮、カラフルなメロディーを仕込んだアルバムといった感じでしょうか?  その軽快、力を抜いた歌い口は相変わらず Juju& High Life テイストですが、シェウン・クティをゲストにアフロビート風トラックを演じたり、フレイヴァーをゲストにイボ・ビートっぽい曲を歌ったり、あるいは、フォーキーと言ってもイイようなギター弾き語り風ミディアム・スロー or バラードを歌ったり、アーバン・ハイライフと呼ばれるヨルバ系 Juju & High Life 路線は踏襲しながら、より自由闊達な展開、ということはできるでしょうね。
何にしても “ナイジャポップ” シーンの中、やっぱりコイツはワカッてるよな、と思わせる気の利いた曲が並んだこの新作、>シミやアラミド(=Aramide ダウンロードのみ?)、>フレイヴァー>イェミ姉さんとともに当店的には一番期待していたアデクンレ・ゴールド、その期待に応えてくれたセカンド・アルバムであることは確かです。
そしてもう1点、「ナイジャPOPは全体的に音質が悪い、が、現地の再生環境を鑑みれば仕方のないことか…」by 森田潤さんが常々指摘されて来たことですが(同感せざるを得ない部分が多いことも確か)、少なくとも当店の劣悪な再生環境を持ってしても、このアデクンレのセカンド、なかなか音の抜け具合良しと感じています。お試しあれ、
>★

go top