T. K. RAMAMOORTHY / FABULOUS NOTES AND BEATS OF THE INDIAN CARNATIC, JAZZ


南インド出身、1922年生まれのヴァイオリン奏者、T.K. ラマムーシーの1969年発表のアルバム『ファビュラス・ノーツ&ビーツ・オブ・ジ・インディアン・カルナーティック・ジャズ』は、南インドの古典音楽であるカルナーティック音楽の厳格な音楽形式をそのまま用いつつ、インドの音楽が果たしてジャズになるのか?と問うた実験作品。西洋楽器とインドの打楽器・弦楽器を混合し、全員インド人で演奏した(インド式に楽器を手に床に座ってジャズを演奏している風景を想像してほしい)その成果は唯一無比、形容し難い独特のものであり、新しい音楽ジャンルすら要求できそうな怪作となっていた。(〜メーカーインフォより抜粋)
1. Gowla
2. Ranjani
3. Begada
4. Mohana
5. Natta
6. Udaya Ravu Chandrika
7. Byag Maya Malava Gowla
8. Sahana
9. Kanakangi
10. Rasikapriya

go top