GULAB AFRIDI / DA TAAROONO FARYAAD, 01


アフガニスタン、そして、パシュトゥンのメイン・インストゥルメンタルとでも言えそうな、弦楽器、ラバーブを演じたアルバムです(アフガン・ラバーブは弓では奏せず、ピッキングのみによって演奏されます)。ほか、太鼓&タブラがつきます。このグラブ・アフリディ、現在形の伝統ラバーブを演じる中堅実力派というところでしょうか?よ~く聴くと、シンセも小さく少し鳴っていますから、それなりにポピュラーな存在かと…。ともあれ、アフガン・ラバーブらしい清々しく、そして湿度の低い、弦の細やかな動きに魅せられます。こちらも当然、普通紙コピー・ジャケ&裸のCDR仕様で、村山先生現地買い付け品!

*CDRキズが入っていますので、焼き直したCDRをお付けします。

go top