FAIRPORT CONVENTION / WHAT WE DID ON OUR SATURDAY


★フェアポート・コンヴェンション/ホワット・ウィ・ディド・オン・アワー・サタデイ

半世紀にわたる歴史の重みを実感させる素晴らしいライヴ・アルバム!
 UKのフォーク・ロックの歴史の中でもっとも重要なバンドと言えるのがこのフェアポート・コンヴェンションだ。1967年結成の彼らにとってちょうど50周年にあたる2017年には『50:50@50』(PPR-5450)をリリースしそのアニヴァーサリー・イヤーを祝福したが、さらにその流れで行ったのがこのライヴだった。同年の夏オックスフォードシャーにて開催されたフェスでのパフォーマンスを収録した本作では、ご存知リチャード・トンプソンをはじめアシュリー・ハッチングス、ジュディ・ダイブル、イアン・マシューズ、デイヴ・マタックス、マーティン・オールコックといったフェアポートの初期に活躍した元メンバーたちが久しぶりに集まり往年の名曲たちを演奏している。まさに夢にまで見たリユニオン・ライヴをここに繰り広げてくれた!
解説:松山晋也 (メーカーインフォより)

CD 1
1. Time Will S how The Wiser
2. Reno Nevada
3. Suzanne
4. Farewell, Farewell
5. Crazy Man Michael
6. Come All Ye
7. The Deserter
8. The Lark In The Morning Medley
9. Tam Lin
10. Walk Awhile
11. Poor Will & The Jolly Hangman
12. Sloth

CD 2
1. Now Be Thankful
2. Fotheringay
3. Ned Kelly
4. Rising For The Moon
5. White Dress
6. A Surfeit Of Lampreys
7. The Hiring Fair
8. The Hexhamshire Lass
9. Who Knows Where The Time Goes?
10. Our Bus Rolls On
11. Dirty Linen
12. Matty Groves
13. Meet On The Ledge

go top