SILVIA INFANTAS / TONADAS Y CUECAS


1923年生まれのチリのフォルクローレ歌手で、女優としても活躍したシルビア・インファンタス。本作は、彼女がロス・コンドレスと共に、オデオンから64年にリリースしたアルバム『ロシータ・デ・カチャポアル』を、曲順はシャッフルされていますが全曲収めるリイシューです。
レパートリーは、本作のタイトルに示されるとおり、いずれもトナーダとクエカで、シルビアの伸びやかな歌声に、ロス・コンドレスの男声ハーモニー、ギター、アルパ、パーカッション、ピアノも含むアンサンブル。2曲でビセンテ・ビアンチ指揮のオーケストラがバックをつけています。61年の第2回ビニャ・デル・マール国際ソング・フェスで受賞曲となったハイメ・アトリア作のクエカ「ラ・コンセンティーダ」も取り上げられています。
盤起こし?と思われますが、音質はまずまず良好です。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

1. Rosita De Cachapoal (Tonada) Nicanor Molinare
2. La Consentida (Cueca) Jaime Atria
3. Tonadas Para La Patria (Tonada) Francisco Flores Del Campo
4. Los Dichos Chilenos (Cueca) Hernán Arenas
5. Huasita Regalona (Tonada) Donato Román Heitmann
6. Zorzalito (Tonada) Hernán Castillo
7. Mi Guitarra (Cueca) Hernán Núñez Oyarce
8. Campito De Mi Tierra (Tonada) Juan Rivero, Vicente Bianchi
9. La Gitana (Cueca) Luis Polanco, Ricardo Arancibia
10. Por Qué Se Fue (Tonada) E. Jiménez
11. Tierra Chilena (Tonada) Segundo Zamora
12. Tiro Y Tiro Y El Hueso Firme (Tonada) Arenas, Bianchi

go top