LUIS KALAFF / MERENGUE DOMINICANO


1916年生まれ、2010年にこの世を去ったドミニカ共和国の作曲家/歌手、ルイス・カラフ。本作は、ルイス・カラフ・イ・スス・アレグレス・ドミニカーノスによる50年代後半のリリース作と思われるルンバ・レーベルからのアルバム『メレンゲ・ナ・マ』を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューです。
曲はいずれもルイス・カラフのオリジナルで、アコーディオンにサックスも加えたアンサンブルは、メレンゲ・ティピコからモダンなメレンゲへと移行していく過渡期的スタイル。こちらのほうがリズムにがありますが、のメラングからコンパへの移行期との共通性も見出せそうです。歌手はルイス・カラフの他、タビート・ペゲーロ、ビエンベニード・ブレンスが参加。
盤起こしと思われますが、音質は概ね良好です。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

01. Todavía No E’ Na
02. Que Malas Son Las Mujeres
03. El Calzonu
04. Dolores La Buena Moza
05. Vale Juan
06. Prendío Por Lo Quemao
07. Eso Sí
08. Blanca Probó Pá Sabé
09. La Carrocería
10. El Cambio Montao
11. Mi Negocio Es Con Las Mujeres
12. Esto No Es Un Mango

go top