木村華子 / ワンダーランドへようこそ


ワンダーランドへようこそ! 沖縄より届いた10篇の物語。
田中馨(ショピン、hei tanaka、ex.サケロック)、内田武瑠(ショピン、BURGER NUDS)、二村亮(赤犬、ヒネモス)、エビ子・ヌーベルバーグら 多彩なゲストを迎え完成したシンガーソングライター、木村華子が放つ待望の1stアルバム!

沖縄在住のシンガーソングライター、木村華子の10曲入り1st アルバム『ワンダーランドへようこそ』が 2018年より新たに立ち上げられたレーベル「Bus terminal record」から発売される。
今作では自身が十年近くの歳月をかけて作りためてきた、物語性あふれる楽曲を中心に収録。
木村華子の柔らかく透き通った歌声とピアノともに、ゲストとしてベース/田中馨(ショピン、hei tanaka、ex.サケロック)、ドラム/内田武瑠(ショピン、BURGER NUDS)、トランペット/二村亮(赤犬、ヒネモス)、またヴァイオリン/コーラスとして野田秀樹率いる”NODA/MAP”の舞台でも活躍する女優・西田 夏奈子扮するエビ子・ヌーベルバーグといった多彩なゲスト陣が楽曲を華やかに彩っている。

■収録曲:
1. ひらひら
2. ワンダーランドへようこそ!
3. 立ち上がれ玉ねぎ
4. にらめっこ
5. Gone Gone Gone
6. いつものように(Home rec ver.)
7. 続・美しい人
8. ひつじ雲
9. 髭の海賊
10. ボクノイエ(celloにて)

■木村華子(きむら はなこ) プロフイール:
シンガー/ソングライター
広島県生まれ。幼少期は父親の仕事の都合で住処を転々とする。 東京での音楽活動を経て、2012年秋より沖縄在住。 2001年に渡辺俊美(TOKYO NO.1 SOUL SET)プロデュースのコンピレーション・アルバム『Redevelopment』への参加でCDデビュー。 2004年には音楽家toneeとのユニット「tonee&hana」にてP-VINEよりミニアルバムをリリース。 2017年には沖縄の音楽家を幅広く紹介するコンピレーション・アルバム『Music from Okinawa2018』に参加。 他にも沖縄県内外でのライブやCM音楽制作、校歌作曲、県内では2015年放映のY!mobile沖縄CMでの歌唱、 琉球放送の番組「おきなわのホームソング」で2016年に放映された「はみがきエイサー」の作曲(編曲はBEGINの上地等)を担当するなど活躍中。 歌、ピアノ、ギター、ティンホイッスル、歯笛、鼻笛などを主に演奏しており、 ソロ活動以外ではゴスペルのグループや、アイリッシュ音楽団「nina」、ロックバンド「ConstantGlowth」への参加など多岐に渡る活動を行っている。 自身の人生はもとより、海外の民話や小説、海賊から野菜まで、様々なもの・ことから着想を得た歌詞をメロディーに乗せて自ら歌う。 観客からは「絵本を読んでいるよう」「一曲ごとに異なる物語の世界に連れて行ってくれる」などと評される。

(メーカーインフォより)

go top