PIXINGUINHA e BENEDICTO LACERDA


*ピシンギーニャ&ベネジート・ラセルダ / ショーロの聖典
※ 既発CDの廉価再発商品です。

ショーロ史を代表する巨匠ふたりの歴史的競演
このアルバムを〈聖典〉と呼んでも文句をつける人はいないだろう。〈ブラジル音楽の父〉ピシンギーニャと、ショーロ史上最高のフルート奏者ベネジート・ラセルダの歴史的競演なのだから。1940年代後半、すでに円熟期を迎えた両巨匠が、ショーロの歴史と伝統のすべてを凝縮したような競演を展開。その時に残された録音のほぼすべてを収録したのがこのアルバムだ。サンバからボサ・ノーヴァまで、ブラジル音楽の底流に常に流れるショーロの伝統が、ここに集約されている。 (メーカーインフォより)

1. Um A Zero
2. Sofres Porque Queres
3. Naquele Tempo
4. Segura Ele
5. Vou Vivendo
6. Cheguei
7. Tico Tico No Fuba
8. Pagao
9. Descendo A Serra
10. Urubatan
11. Proezas De Solon
12. Ele E Eu
13. Ingenuo
14. Andere De Sapato Novo
15. Ainda Me Recordo
16. Os Oito Batutas
17. Sedutor
18. O Gato E O Canario
19. Lingua De Preto
20. Devagar E Sempre
21. Solucos
22. Aguenta Seu Fulgencio
23. Acerta O Passo
24. Merilene
25. So Para Moer
26. Atraente
27. Matuto
28. Displicente
29. Vagando

go top