ELA CALVO


フィーリン系のボレロを得意とする黒人女性歌手エラ・カルボ。本作は、EGREM LDA-3182として、たぶん1960年代後半に発売されたアルバムを、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューです。以前、リリースされていた “CRESCENDO MATINAL”(UNIKO RECORDS)と同内容になりますので、ご注意ください。
ストリングスも交えたバックの演奏は、本盤冒頭曲のソングライターでもあるアンドレス・エチャバリーアのオルケスタ・デ・ジャズ。的確な伴奏を得て、まだ若いエラ・カルボが、まだまだ初々しい歌を聞かせてくれます。細やかな感情表現は、決して大仰になることなく良くコントロールされフィーリングを感じさせるクールなものです。取り上げた曲もセサル・ポルティージョ・デ・ラ・ルス、マルタ・バルデース、パブロ・レジェス、ホルヘ・マソンなどフィーリンの作曲家の曲を多く取り上げています。再評価されるべきキューバの女性歌手だと思います。
盤起こし?と思われ、若干の音擦れはございますが、音質はまずまずです。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

1. ERES MI FELICIDAD
2. CUANDO COMIENZA EL AMOR
3. CRESCENDO MATINAL
4. MI GRAN RECLAMO
5. COMPRENDEME TE PIDO
6. PARA LLEGAR A TI
7. GUIRNALDAS Y AMOR
8. EN LA EXISTENCIA
9. QUE HE DE DECIR
10. DIME SI ERES TU
11. DEMASIADO QUE PEDIR
12. EL ECO DE TU ADIOS

(PERLAS CUBANAS 217)

go top