ANITA SARAWAK / SOPHISTICATED LADY


なんか、もう、こーゆーの推薦してイイのかどうか、って、ちょっと悩みましたけどね、ま、イイに決まってますよね、ダイナマイトなシンガポーリアン・ディスコ・クイーン、バブル世代直撃の1枚です!

70年代シンガポールで生まれた傑作ディスコ・アルバム
1969年にデビュー、やがてソウルやシティ・ポップを取り入れた音楽性でシーラ・マジッドら後続の歌手達に道を切り開き、影響を与えた大歌手アニタ・サラワックのカルト作がリイシュー!
1976年にEMIシンガポールからリリースされた本作は全曲英語曲のみを歌った意欲作。表題曲はエリントンのではなくナタリー・コールの方、と知れば本作の方向性が想像つくかもしれません。カントリー楽曲のカヴァーもあり、全編ファンク/ディスコという訳ではありませんが、“Boogie Fever”などのディスコ曲のインパクトが大。そしてこのド派手ジャケットです。プロデュースはシンガポールのバンド、ザ・クエスツのレジー・ヴァギス。演奏のクオリティも原曲にひけをとらない! (サプライヤーインフォより)

▽途中ちょっと音飛んでるし、音質もわるいんですが、CDはもちろん音質良し、音飛びもナシ!

go top