SAMUEL POMPEO QUINTETO / QUE DESCAÍDA


サンパウロ州アメリカーナ出身のマルチ木管奏者サムエル・ポンペオは、サンパウロ市交響楽団とナイロール・プロヴェッタ率いるバンダ・マンチケイラの共演盤をはじめ、b.sax、s.sax、clarone(=b.cl) を操り、ジャズ、クラシック、MPBと多彩な現場を渡り歩いてきたプレイヤー。自らがリーダーとなってアレンジを書いた本作では、前世紀初頭サンパウロ出身の大先輩木管奏者であるドミンゴス・ペッチの楽曲”De Cachimbo” に始まり、m-7でカヴァーするエルネスト・ナザレー”Apanhei-Te Cavaquinho”という楽曲の持つ本質、サロン・ミュージックとしてのショーロ・ジャズをファビオ・レアンドロ(p)らとクインテート編成で展開。ジャズ・ギターと7弦ガットを持ち替える演奏メンバー – ヂノ・バリオーニ(g)の作品”Água na chaleira”や、サンパウロの若手ピアノ奏者ダニエル・グラジェウの作品”Choro Vermelho”、そして自作楽曲群を軽妙洒脱な洗練をもって快演。(サプライヤーインフォより)

>こちらでも紹介されていました。陳謝&感謝!

go top