SAMUEL POMPEO QUINTETO / QUE DESCAÍDA


サンパウロ州アメリカーナ出身のマルチ木管奏者サムエル・ポンペオはバリトン&ソプラノ・サックス、ベース・クラリネット等を操り、ジャズ、クラシック、MPBと多彩な現場を渡り歩いてきたプレイヤー。自らがリーダーとなってアレンジを書いた本作では、前世紀初頭のドミンゴス・ペッチやエルネスト・ナザレーらの楽曲を、サロン・ミュージック / ショーロ・ジャズとしてクインテット編成で演じます。ジャズより古い歴史を持ったショーロ、面目躍如の1枚となりました。

>こちらでも紹介されていました。陳謝&感謝!

go top