CHICUELO, MARCO MEZQUIDA / CONEXION


★チクエロ&マルコ・メスキーダ / コネクシオーン
フラメンコ・ギターとジャズ・ピアノによる自由闊達で洗練された音の対話!
●チクエロは、1968年生まれのカタルーニャを代表するフラメンコ・ギターの名手。ドゥケンデやミゲル・ポベダ、マイテ・マルティンら現代フラメンコ界のスター歌手のバックを担い、元オホス・デ・ブルッホの女性歌手マリーナとの双頭作もリリース、シルビア・ペレス・クルースが歌い13年のゴヤ賞最優秀主題歌賞を獲得した映画『ブランカニエベス』のテーマ曲を作曲したりもした才人です。また、小島章司フラメンコ舞踊団の音楽監督を担当し何度も来日。日本でもお馴染みのフラメンコ・ミュージシャンです。
●一方のマルコ・メスキーダは、自身のトリオを率いてフレッシュ・サウンド・ニュー・タレントからデビュー作をリリースするなど、今後の飛躍が期待される1987年メノルカ島生まれの要注目ジャズ・ピアニスト。
●そんな2人が、共作したのが、本アルバムです。レパートリーはいずれも両者共作によるオリジナル。フラメンコのイディオムに寄りすぎることなく、かといってジャズの語法に頼ることもなく、絶妙なセンスで音の対話を繰り広げています。
●ギター、ピアノの音の他には、パコ・デ・モデが叩き出すパーカッションの音のみ。カホンを始めとするそのパーカッションの音色が、主人公2人の間を絶妙に行き来し触媒となり、有機的な化学反応を引き起こしています。
●スペイン的な情緒を讃えた、力強くもしなやかな音群。ジャンルの枠に囚われることのない自由闊達な音の対話が楽しめます。
〜以上、メーカーインフォより

go top