BANTEAY AMPIL BAND / CAMBODIAN LIBERATION SONGS


江利チエミを出した仏独立レーベルAKUPHONE の第4弾リリースは、「カンボジア解放の歌」。
1970 年のロン・ロル派軍事クーデターによりカンボジア王国が崩壊してから、75 年のポル・ポト派クメール・ルージュの権力奪取による大粛清、内戦、ヴェトナム/中国との三つどもえ外戦、十数年に及ぶ戦乱を経てやっと80 年代半ばに連合政府が成立。このバンテエ・アンプリ・バンドは非クメール・ルージュのレジスタンス楽団で、タイ国境に近いアンプリ難民キャンプで結成され、ヴァイオリン奏者/作曲家のウーム・ダラをリーダーとして、民謡とオリジナルの抵抗歌をレパートリーにして、ギター、女声ヴォーカル、ヴァイオリンのアンサンブルでキャンプ回りをしていました。アルバムは越境してシンガポールで録音され、1983 年に発表されたもの。恐らく「クメール人民民族解放戦線」時代唯一のレコード(カセット)!(サプライヤーインフォより)
もっと詳しくはこちらを>http://pepecastor.blogspot.jp/2017/02/blog-post_25.html 無断リンクすみません!

SIDE 1 01 My Last Words (4:33), 02 Please Take Care Of My Mother (5:03), 03 Tuol Tneung (The Hillock Of The Vine) (5:11), 04 Don’t Forget Khmer Blood (2:30), 05 Sereika Armed Forces (4:52), 06 Follow The Front (3:23)
07 I’m Waiting For You (3:09), 08 Please Avenge My Blood, Darling (5:14), 09 Destroy The Communist Viet! (4:29), 10 Look At The Sky (4:08), 11 Vietnamese Sparrows (4:08), 12 The Vietnamese Have Invaded Our Country (4:28)

go top