VI THAO / BOLERO 1, Tau Dem Nam Cu & BOLERO 2, Chuyen Tau Hung Hon


★http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2017-01-07  
ありがとうございます(今回は承諾リンク)!

歌えます。04年ベトナムの新人歌手登竜門、サオマイ・コンテストで注目されデビューするも、結婚引退。が、2012年に再起発表したアルバムが  “BOLERO 1, Tau Dem Nam Cu” の方〜が、しかし、楽曲使用権をめぐりトラブルがありオクラ入りとなっていたそうです。が、2015年に再発仕切り直しとなったアルバム。 加えて、再発とともにリリースした新作が  “BOLERO 2, Chuyen Tau Hung Hon” ということで、双方アルバムとも、タイトル通りのベトナミーズ “ボレロ”の世界! 〜間接的にラテンのボレーロ歌謡の影響を受けているのはリズム面でも何となくわかりますが、今日ベトナムで言うところの “ボレロ” とは、1970年代の一連の懐メロ情歌のことだそう。ということで、レー・クエンが先鞭をつけ、その後の大きな影響力を持った温故知新路線 “KHUC TINH XUA” シリーズ第1弾リリース (2011) 直後のフォロー・アルバムが白盤、その続編、仕切り直しの赤盤ということになるでしょう。そして、その内容は、流麗アンビエント?なスローに徹したムード派繊細ヴォーカル・アルバム、決して重くならない歌い口、柔らかな節まわしを淡々と重ねて清廉な哀愁を引いていく充実作ということになります!思わずネプモイ・ロックのグラスを揺らし聴き惚れてしまうバラード、スロー&ミディアムモードの世界…。白、赤ともそのCDジャケに見る、ほどよく伸びるうなじの直線に見惚れてしまう、ということもあるでしょう?? それにしてもその歌声、まるでニュ・クインの若い頃みたいじゃないですか!

              赤ジャケ<BOLERO 2>¥2550 も再入致しました〜▽

 

 

 

 

 

 

go top