ALSARAH & THE NUBA TONES / MANARA



ヌビア系の両親のもと、スーダン生まれたそーですが、10歳の時に北米に移り住んだというヌビアン・フィメールの2016年サード・アルバム / 新録です。パーマネント・メンバーのウード奏者を病で失い、その後、新たなウード奏者&アルサラーの分身?のような女声ヴォーカルを加え、2年の間、ツアーを行い発表したのがこの3作目。で、ウードを軸とした生音感覚、もちろんヌビア系の音楽性も失わず、エコーのかかったオリエントなツイン・ヴォイスがよりエキゾに響く作となりました。セカンドが受けたから、サードはもっと薄口の”エスノ・ポップ”になってしまうんじゃないかと予想していた貴兄、予想はミスティックに裏切られましたよ!

The Nubatones are:
Alsarah: Lead Vocals, Lyrics, Melodies
Rami El Aasser: Percussion, Backing Vocals
Brandon Terzic: Oud, Ngoni
Mawuena Kodjovi: Bass, Trumpet
Nahid: Backing Vocals

Guest Musicians:
Marie Abe: Accordion (Track 3)
Marandi Hostetter: Violin (Track 3)
Yusuke Yamamoto: Keyboard (Tracks 4, 8, 14)

Recorded at ABCollective Studios by Mawuena Kodjovi &
Astoria Soundworks Recording Studio
Mixed and Mastered at Astoria Soundworks Recording Studio by Kamilo Kratc
All songs written and arranged by Alsarah & the Nubatones except 5, 11
Track 5: written by Muna & friends (Beats of the Antonov)
Track 11: Traditional
Produced by Alsarah

 

 

go top