FRANTZ CASSEUS, Guitar / HAITIAN DANCES


franz-casseus>ロリータ・クエヴァスのフォークウェイズ10インチLPのバックでギターを弾いていたのがこのフランツ・カソーズ(1915 – 1993)、このCDRは同じくフォークウェイズから1954年にリリースされた自作曲をソロで演奏した10インチLPの復刻ですね。このカゾーズという人、ハイチ生まれながら、成人してからは主に米国で過ごしたようで、あのマーク・リボーのギターの先生だったそうで、後年、マーク・リボーは先生のオリジナル作品をギター演奏のための楽譜集として出版したりもしています。ともあれ、ハイチ近代史の中で没落したクレオール家庭出身であり西欧的音楽的教養の持ち主だったフランツの屈託が、ハイチに伝わるクレオール的メロディーの美しさに慰撫されているようなその演奏(?)、聴き応えありますね!

go top