SOKUN NISA / SROLANH BONG CHEA KAM ROBOS OUN, TOWN VOL.84


town84児玉さんに買付けいただき再入荷〜感謝!
前回、この春の初入荷時には当HPに居でる前に即売り切れだった、このカンボジアの歌姫(と呼んでも、もう差し支えないでしょう)ソークン・ニサの去年の完全ソロCD(3rd album)〜当店では基本、民謡風味(?)を感じさせるカンボジアCDしか必要ない、と判断していたのですが、それでもニサだけは欲しい!という各方面からのご要望に応えて大量入荷です。
というわけで、またまたキクチ君のカンボジア電撃買付作戦、再び飛んでもらいましたよ〜!(で、哀しいお知らせも一つ。これまで、当店のカンボジア関係品揃えを支えてくれていたキクチ君御用達プノンペンの老舗CDショップがこの秋をもって閉店、というお話。ほかではなかなか当店好みのアイテムが揃わないということで、数少ないCDショップの中でも最優良店だったそうですが、これからどーなるのか?途方に暮れていますという内情吐露、って、ま、それだけの話しですが…来年はカンボジアCD仕入れができるのかどーか?う〜ん、ひたすらキクチ君のガンバリに期待するしかないですな)
というような話しはともかくとして、アジア歌謡の最終兵器(?)なんて呼ばれることもあるソークン・ニサ、もちろんカンボジアでの人気は想像以上に大きなもので(その音楽シーンのマーケット規模云々はこの際、置いておいて)、当方顧客皆さんご希望の民謡系POP曲ばかりを歌っているわけではなく、今時のアジア一般POPの傾向(香港POPや韓流POPやJ-POP等のフォロー傾向も、もちろんあるでしょう)をなぞったような、いわゆるジェネレーション・ミュージックとしてのPOPも大いに歌っている、というより、そっちの方での人気の高さも、彼女が彼の地の音楽マーケットでスター街道を歩んでいる要因となっているわけで、その辺もご理解していただいた上での、この “SOLO ALBUM 2015, TOWN VOL.84” であり、この天海祐希風のジャケ写真?…それでも身に沁みるその涼しげでキュートな歌唱力をお楽しみいただければと、そ~思っています!

▽以下、買付け菊地君FACEBOOKコメントより
今、仕事の関係?プライベート?なんと東京に滞在しているクメール歌謡界の大スター、ソークン・ニサが15年にタウンから発表した現時点で最新のソロアルバムです。WAVE時代から現在に至るまで、一つのアルバムを取り扱うにあたってこれ程までにドキドキしたことはない!?店主の原田も書いているように、このアルバムの構成には伝統的な要素がまるで感じられないからです。これまでも折に触れて説明してきましたが、向うで聴いて気に入ったものは、正月や結婚式などお祝いの時にみんなで歌って踊るような内容のものばかりを厳選していて、このようなPOPなアルバムはスルーをしていたのです。ですが、周囲の反応(一部過激派?)から同じ人間が歌っているのだからファンなら耳に通すべきだと至極真っ当な意見がここに来てあがり始め、それに圧倒され急遽出戻りした訳なんです。多くの人気クメール歌手は器用にジャンル分けをするかのように歌っていて、彼女あたりがいつの日にかひとつのアルバムでサウンドプロダクションは新しいけど、唄の節回しなどはアジア歌謡だというような野心的なアルバムを創ってくれることになるかもしれないので、興味本位で聴いて一瞬は失望しても、そのように考えて気長に待つのもよいのではないでしょうか!?
因みに大手レーベルのハンメーに移籍して初となるソロアルバムの方は9月中にリリースが決定しています。馴染みの店に頼んでリリースの前に既にキープもしてもらいました。最後に彼女が移籍した理由は今度のソロアルバムのプロデューサーと付き合っているからという、男と女の事情だったことがハンメイしてまーす笑。

*なお、こちら簡易ケース入りペラ紙ジャケ状態でお売りしています。よろしく、どうぞ。

go top