AWILO WA MBEYA, Nyamko Za Kisafwa / NKOLIMA WA MAYI


AWILO-WA-MBEYA数年前の買付け品ですが、ストックの奥底から出てきましたので(?)、ご紹介します!以前聴いた時には、う〜んコレはナンだかなあ、…と思ったもんですが、今聴いてみるとコレが(数年の醸造発酵、もしくは当方リスニング・キャリアを経て)、それなりに素晴らしいカリンドゥラ(ザンビア&マラウィ&コンゴ東部からタンザニア内陸部にかけて演じられるアコースティックなローカルPOP)のような気がして来るので、人間の耳なんてアテになりません(当方の耳がアテにならないだけ?)…。タンザニア西部内陸のローカルなスワヒリ系アコースティックPOP、ということになるんでしょうが、詳しいことは定かならず。ともあれ、アウィロ・ワ・ンベヤなる男による4弦のバンジョーみたいなナチュラル・ギター(というか、手作りギターでしょうか?ウクレレみたいにも聞こえる)ストローク系弾き語りをメインに、口笛多用&ナチュラル・シンセ(って、そんなものはこの世にないので、たぶん年代モノDX7)、加えて大小太鼓&打ち込み?&バラフォン(これもナチュラルシンセ風の音?)によるハチロク or エイトビート・ナンバーが並ぶ怪(快)作!?マションベ・ブルージーンズとか、ザンPOPとかがお好きな方には是非オススメしたい作です!

▽参考(本CD収録曲ではありませんが&ドラマ仕立てになっていますが、だいたいのところ演奏部分は似てます。ただし音質はCDの方が全然クリアー!)

go top