RICARDO MOYANO / EN JAPON


ABY-017★リカルド・モヤーノ / エン・ハポン

「久保田麻琴と友だちになると悪いことはありません。またすごいギタリストを教えてくれました。テクニックも素晴らしいですが、リカルド・モヤーノのよさはそれを越えたところにある気がします。アルゼンチン生まれ、イスタンブル在住、それだけでも好奇心が湧くものです。スタイルが多様で、心を打つギターです。ぜひ聞いてください。」by ピーター・バラカン

「リカルド・モヤーノは世界で最も重要なギタリストの一人。彼は天才、それを疑う余地は微塵もない。亡命と旅、全てのレパートリーを即興的に演奏するスタイルに、彼が歩んできた人生が刻まれている。」by 笹久保伸

●日本のギター愛好家に絶大な支持を受ける『イーストエンド国際ギターフェスティバル』に昨年(2015年)招待され、多くの聴衆から絶大な賛美をえたギタリストが、本作のリカルド・モヤーノです。
●その時の彼の演奏に衝撃を受け、以前から「彼はアイドル・ギタリスト」と公言していた笹久保 伸と久保田 麻琴が、ツアーの合間に企画~録音したのが、本作です。録音は、笹久保の近作多数やタクシー・サウダージのアルバムを録音している、秩父の“Studio JOY”で行われました。機材は、ヴィンテージの古いNEVE のマイクアンプとNEUMANNのマイク。
●リカルド・モヤーノは、1961年アルゼンチンの内陸部ラ・リオハ生まれ。1976年にアルゼンチンでクーデターによる軍事政権が樹立されるとスペインに亡命。マドリッドの王立音楽院を主席で卒業後、パリに移り住む。その後トルコのイスタンブールに移り住み、23年が過ぎたそうです。
●笹久保 伸の言うように、モヤーノの演奏にはそんな彼の半生が反映されているようです。即興的な奏法で、一音一音、優しいも深い音色を響かせながらも決して重たくなることはなく、それぞれの曲が持つ文化的背景をあぶり出すように音に載せていきます。その範囲は、生まれ故郷のアルゼンチンの様々なフォルクローレからクンビア(有名な「黒いクリスマス」)、ボンバ(エディ・パルミエリでヒットした「ボンバ・デル・コラソン」)、メキシコ歌謡(アグスティン・ララの「ソラメンテ・ウナ・ベス」)、ブラジルのバイウォン(バイヨン)、コスタリカの子供のための曲、スペインのアンダルシアに伝わる15世紀頃の曲、ルベン・ブラデスがレパートリーにするサルサ曲、さらに、トルコの曲と、彼の人生の様に広がっていきます。
●これまでもアルバムは録音していますが、今では入手困難のようで、このアルバムが現在唯一リカルド・モヤーノを体験できる録音でもあります。また、全16中、2曲で笹久保 伸が共演、こちらも天才同士の共演ということで注目していただきたい内容です。
●ラテンやアラブなどのワールド・ファンは勿論、アコースティック・ギター・ファン、クラシック・ギター・ファンにも注目していただきたいアルバムです。
(メーカーインフォより)

1. Navidad Negra – Jos Barros
2. La Del Campo – Pablo Del Cerro
3. Solamente Una Vez – Agust n Lara
4. Bomba Del Coraz n – Eddie Palmieri
5. Sue o De Juventud – Santos Disc polo
6. Bai o N. 2 – Toninho Ramos
7. Gato Nomas – Ricardo Moyano
8. El Vals Del Coyote – Max Goldenberg
9. Corralera – Anselmo Aieta
10. Tres Morillas – Traditional
11. Ben Giderum Batuma – Traditional
12. Primogenio – Rub nBlades / Walter FLores
13. Minerito – Traditional
14. Yemen Elleri – Traditional
15. La Olvidada – Juli n & Benicio Diaz (con Shin Sasakubo)
16. Alfonsina Y El Mar – Ariel Ram rez (con Shin Sasakubo)

go top