U TIN / MUSIC OF BURMA, Burmese Guitar


U-TINビルマギターの第一人者 、ウーティンのギター独奏を記録したCDを作りました(ミャンマーで絶対の信頼を得ている制作のエンジニア / プロデューサーの井口寛さん FACEBOOK より転載させていただきました)。
鹿児島在住のビルマギター奏者、柳田泰さんを介して2015年8月にお会いすることができたウーティンは、既に年齢80代半ばを越えていますが、おそらく現在のビルマギター奏者の中で最高峰に位置する奏者です。足腰こそ弱っているようでしたが、視線は鋭く、力強く話をする姿が印象的でした。その際に録音の依頼をし、本作品に繋がっています。
ビルマギターは、ハワイのスライドギターがツールであるようですが、ビルマ固有のチューニング/メロディーを伴って、その演奏は他に類を見ないものになっていると思っています。
本作には、ウーティン自身の選曲によって、古典/大衆歌謡/即興演奏が含まれています。そして、最後に1曲のみ収録されている歌曲は同氏の作曲による楽曲で、今回が初録音になったようです。そして、なんと!歌っているのもご本人です。日本人にとっては、”弾き語り”スタイルは一般的ですが、ビルマ伝統楽器奏者の弾き語りは、非常に珍しいです。
ウーティンの演奏には全く、力みや気負いが無く、人懐っこいビルマ独特の旋律と相まって、強い中毒性を持った作品が出来ました。
スマートフォンやパソコン、ラジカセなどの非高級オーディオで「少し小さいかな?」と思うくらいの音量で聴いてみてください。

参考映像▽ちなみにこちらの映像をアップされている柳田泰さんという方はウーティンさんのお弟子さんだそうです!

以下、井口さん制作CD2点も再入荷しています!

burmesepiano

burmeseguitar

go top