KARDEMIMMIT / TAKI’S FACTORY -カルデミンミット『しあわせ』


Kardemimmit

重要!*コレを聴くと、ワールド・ミュージックにうつつを抜かしているオヤジでも “しあわせ” になれるという意味不明の噂、というか、流言がマコトシヤカに…? “しあわせ” になりたいオヤジ必聴!???

以下、メーカーインフォより〜
★カルデミンミット『しあわせ』

演奏スタイルはフィンランドや北欧各国に伝わる伝統曲・詩をオリジナルの作・編曲で歌い奏でるもので、美しいコーラスハーモニーと現代的なアレンジが特色。彼女たちの演奏は時にポップに、また時には荘重なイメージで、実に多彩な演奏を聴かせてくれます。

第四作目“Onni”。初めてバンド自身でプロデュースを行った(前二作ではFriggのAntti Jarvellaが担当) 今作は、ほぼ全曲にフィンランドの伝統詩を使用しており、これまで以上に歌唱に重点が置かれています。また取り上げられた詩歌のテーマは、素直に情感を歌い上げる恋歌から、自然への讃歌、ロマの伝統歌、そして「生と死」と多岐に亘り、彼女たちの精神的な成長を伺わせる内容です。

演奏面では、伝統的な唱法の考察を深めた上でオリジナルな解釈を行っているように思えますが、またカンテレ演奏もシンプルな中に趣向が凝らされており、38弦のコンサートカンテレを主にベースとして使い、 残りのメンバーが1〜3台の15弦カンテレを多彩にあやつり演奏に深みを与えています。

また、カルデミンミットのアルバムには毎回著名なフォークミュージシャン達がゲスト参加しており、クレジットはされておりませんが、先年ヨウヒッコ・オーケストラのリーダーとして来日したラウノ・ニエミネンが打楽器奏者として本作に参加しています。同様にベテランミュージシャンによる楽曲提供も行われており、本作ではスヴェングのメンバーとして知られるエーロ・グルンドストレムがLaula!を作曲しています。

▽参考

【収録曲】
01.Pilkoitettu 《遠く離れても》
02. Kun mun kultani tulisi 《愛しい人を待ちながら》
03. Toinen Tahti 《ほかの星よりも》
04. Tulikipuna 《火の起源》
05. Kuoleman viikatemies 《死神》
06. Lemmenlaulu 《愛の歌》
07. Metsan ukko 《森の精霊》
08. Oi ihminen 《風の後を追って》
09. Laula! 《歌おう!》
10. Onni 《しあわせ》

【メンバー】
アンナ・ヴェゲリウス Anna Wegelius
ユッタ・ラーメルJutta Rahmel
レーニ・ヴェゲリウス Leeni Wegelius
マイヤ・ポケラ Maija Pokela

【使用楽器】
38弦カンテレ、15弦カンテレ

go top