BANDADRIATICA / BABILONIA


BANDADRIATICAコンテンポラリーなイタリアのバンダの中でも屈指の実力を誇る、南イタリアはプーリア州のレッチェにあるオトラントのバンダドリアティカ。通算4作目となる2015年作です。レバノン人パーカッショニストのロニー・バラックやトルコ人のサズ奏者、アルメニア人のヴァイオリン奏者を迎え、南イタリアからアドリア海をわたり、地中海を巡る音の旅をさらに豊かなものとしています。バンダと言えば管楽器が活躍するイタリアン・ブラスバンド・ミュージック的サウンドが魅力ですが、ジプシー・ブラス的なウネウネ感に加え、南イタリアならではのタランテッラのリズム、ニーノ・ロータ的メロディ、ロックやジャズ、レゲエ、アフロビート、マグレブ~サハラ音楽要素など混ぜ合わせた音作りが、相変わらず冴えています。アコーディオン&ヴォーカルのリーダー、クラウディオ・プリマを中心とするメンバーのオリジナル曲主体に、トルコやサレント地方のトラッドチューンを収録。ジプシー/ブラス好きからマヌ・チャオ周辺らロック・ラティーノ/メスティサヘ、もちろんワールド/トラッド好きも納得のパーティミュージック!(サプライヤーインフォより)

go top