CHRIS COMBETTE / LES ENFANTS DE GOREE


51xRyn1n-gL★カリブ海をルーツに、旅するクレオールなシンガー・ソングライター、クリス・コンベッテ待望の日本デビュー盤!
彼の人生そのものが凝縮された、もう一つのカリブ海音楽物語。★カリブ海に面した南米の仏領ギアナ出身で、マルティニック育ちのクレオール・ミュージシャン。アフリカ、ヨーロッパ、アジアなど様々文化が混じり合ったカリブ海のエッセンス(=クレオール)を取り入れたクリスの音楽は、彼の人生そのもの。優しさ溢れるヴォーカルとしなやかなリズム。カリブ海の音楽のイメージが変わります。
■マラヴォワやカリ、そしてトニー・シャスール(Mizikopéyi)らとのコラボでも知られる、旅するクレオール・シンガー・ソングライター。■カリブ海の文化はアフリカやヨーロッパ、そしてアジアなど様々な要素が混じり合って生まれた。フランス語圏カリブ海地域(マルティニック、グァドループ、仏領ギアナなど)では、その混交が一つのアイデンティティとなっていて、それを「クレオール」と呼んでいる。■仏領ギアナで生まれマルティニックで育ち、フランスをはじめ世界中を旅しながら「クレオール」であることにこだわりながら音楽活動を続けてきたクリス。2011年に発売されたこのアルバム『ゴレ島の子供達』は、そんなクリスの人生そのものが感じられる、カリブ海音楽からジャズ、レゲエそしてブジジル音楽のエッセンスも取り込んだ素晴らしい内容になっている。■このアルバムには、彼の音楽を通したカリブ海の様々な旅を通じた出会いをテーマにした67、アフリカ〜カリブ海〜ヨーロッパを巡る物語を歌う35(この曲はネルソン・マンデーラに捧げられている)。尊敬し合うことの大切さを訴える21(環境問題について)、9(ティーンエイジャー危うさについて)、団結と友好をテーマにした812、そして愛について歌った1011など、彼の人生が詰まった12曲。 ■アクースティックで多彩なサウンドをバックに、クリスのしなやかで優しい歌声に満ちたこのアルバム。バックを支えるのはグァドループのベーシスト、ティエリー・ファンファンやトニー・シャスール、そしてMizikopéyiのバンマスでもあるティエリー・ヴァトンら実力派ミュージシャン達。マラヴォワやカリが好きな人には、絶対のお薦めです。(メーカー資料から)

go top