V.A. / STRINGS, Excavated Shellac


*Guitar, Oud, Tar, Violin and more from 78rpm era
strings-dust2015
以前、SPコレクター>Jonathan Ward 選曲において、14曲収録LPでリリースされたコレクションですが、track 15~17の3曲が追加されてCD化されました。アルメニアのタールから始まって、南インド古典のヴィーナ、そしてボリビアのコンゴのギター・ミュージックと、曲の並びはバラバラですが、すべての曲に共通するのは、弦楽器演奏の面白さで、その面白さは、けっこう時代や地域性というものを超越しているなと。そして、もちろんSP音源のこと、その空気感のリアルさはデジタル化されての音ながら、ある程度、伝わって来るもので、かえって弦の響きの良さというものをクローズアップしてくれるような気もします。個人的にはアンデスの3フィンガー・ギター、パラグァイのフェリックス・ペレス・カルドーソのアルパ演奏、ベトナムの月琴あたりがツボでした。ま、SPレコード時代の膨大な弦楽器録音の氷山の一角でしかないでしょうけど、その一角でさえ有り難い、という現状もあります(しかし、たぶんそれくらい持っているんだろうに、ワッハーブのウードぐらい入れてくれたらいいのになぁ、やっぱり)。
>☆試聴可!

1. Sogoman Seranyan – Eraz (Armenia)
2. Sundaram Balachander – Dayapayonidhe, Pt. 2 (India)
3. Alberto Ruiz y su Lira Incaica – Paceñita (Bolivia)
4. Nzila Joseph et son ensemble – Moleke Mbwa (Congo)
5. Tấn and Đồng – Nam Bình (Vietnam)
6. Tatyana Makharadze & G. Bugadze – Lale (Georgia)
7. Abol-hasan Sabā – Chaopan (Iran)
8. Trio Tipico Paraguayo de Félix Pérez Cardoso – Pajaro Campana (Paraguay)
9. Brača Kapugi Tamburica Orchestar i Pjevački Zbor – Tko Se Bregom Seče (Croatia)
10. Kjetil Flatin – Jornvrongia-Springar (Norway)
11. Yamaura Toyoko – Ko-uta, Ryukyu Bushi (Japan)
12. Chahadé Effendi Saadé – Taqsim Rast (Lebanon)
13. Galabuzi and Party – Okubulirwa Lupiza Otambula Osopza (Uganda)
14. Kemanî Amâ Recep – Çifte kiriş ile Rast Taksim (Turkey)
▽Bonus Tracks Not Included on Original LP
15. Feliciano Delgado – Ausencia (Panama)
16.Grupo Irmãos Borges Barros – Enchente de Beijos (Brazil)
17.Eyyubi Mustafa Sunar – Isfahan Taksim (Turkey)

>☆試聴可!?

go top