GEMMA HUMET / SI CANTO ENRERE


SATKCD-1551988年生まれのカタルーニャの女性シンガー・ソングライターで、すでにトティ・ソレールやトニ・シュクラといったカタルーニャを代表するベテラン音楽家たちの歌手に指名され、共演してきている期待の新人ジェンマ・ウメット。2015年のソロ・デビュー作です。プロデュースは音楽学校の学友でもあるという89年生まれの若手ギタリスト、パウ・フィゲレスで、トティ・ソレールやパコ・デ・ルシア、パット・メセニーらに影響を受けたというフィゲレスは、こちらも15年にソロ・デビューを果たし、将来が嘱望される音楽家。彼のフラメンコ・ギターやエレクトリック・ギターに、コントラバス、ピアノ、ドラムス、弦楽四重奏などアコースティック主体の編成で、地中海フォークを中心にフラメンコ、ジャズ、ボサノヴァ、ミニマルなどを取り入れ幅広く展開しています。曲はオリジナルを中心に、ガルシア・ロルカの詩を歌ったものや、70~80年代にかけて活躍し08年に亡くなったシンガー・ソングライターで、ジェンマの伯父にあたるジョアン・バプティスタ・ウメットのナンバーもカヴァー。その歌声は、柔らかな光に包まれています。(インポーター資料から)

go top