木津茂里 岡村靖幸 / 東京音頭


tokyoondoep昨年10月にリリースした実力派民謡歌手・木津茂里のファーストフルアルバム『SHIGERI BUSHI』から、盆踊りの定番曲「東京音頭」を岡村靖幸がリ・プロデュース!

”木津茂里×岡村靖幸” として、7インチアナログ盤をリリース!「東京音頭」が新しい日本のダンスチューンに生まれ変わり、今夏、話題になること必至!

SIDE-A
東京音頭
SIDE-B
東京音頭(ノン・ボーカル・バージョン)

プロフィール

岡村靖幸
1965年生まれ、神戸出身のシンガーソングライターダンサー。
渡辺美里、吉川晃司等の作曲家としての活動を経て、1986年、「Out of Blue」でデビュー。ブラックミュージック、ロック、ポップス、歌謡曲等、様々な音楽のエッセンスを吸収、発展させたトラックは、ファンキーであったり、バラードであったり変幻自在。加えて、青春や恋愛の機微を描いた瑞々しいワン&オンリーな歌詞が唯一無比、圧倒的な支持を得ている。
多彩な楽器を一人でこなしてしまう非凡なプレイヤーでもある。オリジナルアルバムを6枚発表。
◎Official Website http://okamurayasuyuki.info/info/#/top

木津茂里
「太鼓を打ちながら唄う」という独自のスタイルで日本のルーツ・ミュージック ”民謡” を世界に向けて発信する民謡歌手・太鼓奏者。 2002年、ビクターより、津軽三味線の重鎮、澤田勝秋師とのデュオアルバム「つるとかめ」をリリース。ユニット名を「つるとかめ」と命名し、これまでに3枚のアルバムをリリース2011年より、定期的にソロライブを行い、海外公演も数十ヶ国に及ぶ。ジャンルにとらわれることなく、細野晴臣氏、坂田明氏等、ジャズやポップスのアーティストとのコラボレーションやレコーディングに多く参加、CM音楽や映画音楽演奏などでも活躍。2014年10月8日、1stフル アルバム『SHIGERI BUSHI』をリリース。

以上、メーカーインフォより

go top