BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA / BA POWER


bassekou-kouyate-ngoni-ba-ba-powerよりパワフルに、よりアグレッシヴに
現代西アフリカ音楽の牽引役バセクがさらにシーンを進化させる!

ポール・マッカートニー、デイモン・アルバーンといった大物音楽家との共演、さらに2013年にはフジ・ロックへの参加と、最近の西アフリカ音楽シーンの中でも特に目立った活躍をみせているのが、マリのンゴーニ奏者バセク・クヤーテだ。その彼が自身のバンド〈ンゴーニ・バ〉を率いたソロ・プロジェクトの4作目がこれだ。ドイツのGlitterbeatに移籍しての第一弾となった本作では、これまで以上にンゴーニの音色をアグレッシヴに進化させ、独自の新伝統音楽を追究。さらにジョン・ハッセル、サンバ・トゥーレ、デイヴ・スミスといったGlitterbeatファミリーがゲスト参加し、新鮮な刺激を与えてくれた。(メーカーインフォより)

グリッタービートらしいリズム処理で、マリはグリオ系の弦ンゴニ弾き語りが、曲によってはアフロビート仕様にも聞こえます。もちろん、以前と変わらないスタイル、細やかなンゴニ重奏&ヴァイタルな男女ヴォイスを聞かせるナンバーも好調さを維持!ジャズ系トランペッター、ジョン・ハッセルら特に意味のないゲストもいますが、相変わらず聴き応えアリ!ですね。

トラックリスト
1. 用心しろ
2. 女性の力
3. それは無くなるよ
4. アイェ・シラ・ブラ
5. ボロンゴリは眠る
6. 時間
7. 別れの苦痛
8. 権力は永遠じゃない
9. バセクニ

go top