CLAIRE DITERZI / 69 BATTEMENTS PAR MINUTE


ClaireDiterziトゥール出身でカビリアの血を引く女性ギタリスト/作詞作曲ヴォーカリスト。80 年代に女性パンクバンド FORGUETTE MI NOTE で注目され、90 年代からソロ。コンテンポラリーダンスのフィリップ・デクーフレの音楽を担当して、同ダンス団の日本公演に同行。ソロはアルバム7枚をNAIVE から発表して、2006 年の”BOUCLE”はアカデミー・シャルル・クロ・ディスク大賞。2010 年に革命闘士ローザ・ルクセンブルクを描いたミュージカル『赤のローザ』を書き、自ら主演、パリのテアトル・デュ・ロン・ポワンで上演した。声楽系から直情パンク系まで多種のヴォーカル表現を駆使し、ディストーション・ギターでアクセントをつけるアヴァンでインテリジェントなサウンドで、官能的で情熱的な女性を表現する。アルバムタイトルは『脈拍69』という意味。含意がないわけがない。ヴィデオクリップ “INFINIMENT PETIT”(12 曲め)ではドニ・ラヴァン(レオス・カラックス映画)が相手役(↑のリンク)。異常な動物偏愛っぽい曲あり。(サプライヤーインフォより)

1.L’AVANTAGE AVEC LES ANIMAUX C’EST QU’ILS T’AIMENT SANS POSER DE QUESTIONS / 2. TU VOLES DE MES PROPRES AILES / 3. 69 BATTEMENTS PAR MINUTE / 4. SECONDE NATURE / 5. JE SUIS CONTRE L’AMOUR / 6. MA BOUCHE TON ECLUSE / 7. ENVOIE LE STEAK / 8. VIVALDI ET LE UKULELE / 9. MON CORPS PLEURE / 10. BERGER ALLEMUS DEI / 11. J’AI 30 MILLIONS D’AMIS / 12. INFINIMENT PETIT / 13. JE SUIS UN PEDE REFOULE / 14. LE DISTRIBUTEURS DE TEMPS / 15. INTERDIT DE JETER SON CHEWING GUM / 16. LA BROCHE

go top