OLIVER MTUKUDZI / MUKOMBE WE MVURA, Live at Pakare Paye


oliverMutkudzi14クーッ、たまりませんねえ、この境地、他に比すべきものナシ!で、通算62作目62歳!14年の10月にリリースされたCDですが、やっとこさ入荷して来ました。ヴェテラン、オリヴァー・ムトゥクジのトゥク・ミュージック、ジンバブウェの首都ハラレでのライヴ(小規模なライヴと見え、観客の歓声もなく拍手もまばらなスタジオ・ライヴ風〜)を収めたアルバム、ということで、一昨年夏の来日を見逃された方には特に嬉しい一枚かと。ショナ語のタイトルは『瓢箪の水』という意味だそうで、その瓢箪で作ったと思しきギター(マンドーラみたい?)を中心に、パーカッションやエレピ、ベース、そしてドラムス、女声コーラスというシンプルな編成で、ジンバブウェ〜南部アフリカにしかありえない音を聞かせてくれるムトゥクジです。ムビラ(親指ピアノ)のフレイズをなぞるような音色の瓢箪ギターを軸に、繊細なポリリズムに満ちた南部アフリカの伝統をシンプルかつPOPに増幅するそのバック、そして、無口な男が年輪を重ねた声音で、空や地平、木々や人々、そして水の流れに何かを訴え語りかけるように聞こえるムトゥクジの歌。決して奢らず饒舌にならないその切実な一声一声の重みと、無駄なものが一切ない生演奏は、間違いなく今、アフリカ音楽において最高の境地の一つでしょう。沁みますねえ…。

1. ZVINEITA TIKUDZWE
2. HUKOCHE KOCHE
3. KAMBURUMBUDE
4. DZINGA HWEMA
5. KUMBAI MANYAWO
6. PEREKEDZA WARO
7. NDURURU
8. YAVE
9. MUNHIKWI
10. FESO

▽オマケ!

go top