NICOLE LOUVIER / CHANTE…


NICOLE-LOUVIER-CHANTE1950年代~パリに登場した「自由な女性歌手」/ 小説においては、同世代のフランソワーズ・サガンと比肩する才能と言われ、シャンソンでは同じ時期にデビューしたジョルジュ・ブラッサンスと比較されそうです。 そして、そのあまりに「自由」で「何者も恐れなかった」彼女は、デビューから十数年で、芸能界から「消され」、無かったことにされてしまった、という経緯があるそうです。その音源が50年の時を経て蘇ったのが>>こちら『忘れじのニコル・ルーヴィエ 1953-1957』~その続編にあたる本CDは59年から65年までの録音が収められました。時に物憂く、時に官能的で、時に力強く、時にコケットな、ルーヴィエの声のプレゼンスと、芯の強さが迫ってくるような歌の数々です!

go top