MATUTO / S/T


GMC-048ブラジルのノルデスチ(北東部)音楽を主武器に、ロックやブルース、ジャズ、ファンクなどを掛け合わせたブルックリンを拠点とするユニークなバンド、マトゥトによる2009年のデビュー作です(本作は11年のドイツ盤)。仕掛け人は、打楽器奏者シロ・パチスタのもとでブラジルのリズムを身につけたギタリストのクレイ・ロスと、こちらもやはりシロ・バチスタとの共演歴を持つ、リラ・ダウンズのバンドなどで活躍するアコーディオン奏者ロブ・クルト。曲作りも手がけるこの2人を中心として、ハービー・ハンコックのバンドで頭角を現した人気ドラマー、リッチー・バーシェイやペルー人ベーシストのエドワルド・ペレスといった腕利きたちが脇を固めています。曲はオリジナルの他、ブルーグラス・ギタリストのノーマン・ブレイクや、ノルデスチ音楽を代表するルイス・ゴンザーガのナンバー、ビリンバウに伴奏されたブラインド・ウィリー・ジョンソンのレパートリー「預言者ヨハネ」も収録。(インポーター資料から)

▽収録曲ライヴ△参考

曲目表:
1. Dois Nordestes
2. Church Street Blues
3. Retrato De Um Forr
4. Recife
5. Sanfoneiro Bebo
6. John the Revelator
7. Forr Pac fico
8. Banks of the Ohio
9. R dio AM, Cinco Da Tarde
10. What a Day
11. Maracatu Dos Anjos
12. Dream of Life

go top