MOOD / DO OM


visuel album紛らわしいですが、米国アンダーグラウンドヒップホップのバンド Mood の 1997 年発表のカルトアルバム “Doom”とは全く無関係。それを考慮してか、こちらは真ん中にワンスペース開けて”Do om”というタイトル。さてアーチスト名はムードではなく、「モード」あるいは「モー」と読むはず。本名ファーストネームの Maud の別綴りですから。ナント出身の女性です。ナントの ジャズ録音スタジオとして知られるオシリス・スタジオを運営する家庭の娘で、幼い頃から前衛 ジャズと親しみ、十代の頃にナントの実験的ロックバンドに参加。同時にアラブ・アンダルシア 歌唱、インド古典歌唱などを習得し、裏声・叫び・呼吸音・泣き声などを含むヴォーカル表現を 身につけ、ハルモニウムをフィーチャーしたアコースティック楽団を率いて自作曲でそのイマジ ナリー・ヒンドゥー・ヴォーカル・ミュージックを展開。ビョーク、メレディス・モンク、ナター シャ・アトラス、ジョン・ゾーン、アリム・カジモフ、スシーラ・ラーマンなどの共通項のある 独創的なヴォーカル・パフォーマンス。アルバムタイトルは Mood の逆さ並びということだけ でなく、古代インド諸宗教の宇宙的な呪文”om”(オーム)を発すること “do om”という意味も あるのだそうです。スピリチュアルで求道的な音楽世界です。チェロ、ドラムス、ベース、ピアノ のバンドに加えて、ゲストヴォーカルにドニ・ペアン(Lo Jo)、ハルモニウムにアコシュ・S などが参加。(エクスポーター資料から)

http://www.mood-mood.com

1. ER EMINA
2. DO OM
3. RDENT
4. SRI REJEKI
5. LIXE
6. AL UM
7. GANGA
8.AL IFUB TANRE
9. ANLB
10. ZEPHYR

go top