KACHIMBA 4 (カチンバ・クアトロ ) / 熱帯高気圧 


cachimba2014カチンバ・クアトロ、待望の新作!
「沖縄音楽とラテン、キューバのソンなどのアイランド・ミュージックの幸せな出会い、KACHIMBA4!」

●カチンバ(KACHIMBA)は1998年2月、バンドリーダーのTAROの呼びかけにより結成され、これまでに7枚のアルバムを発表し、日本を代表するラテン サルサ・バンドとして活躍するカチンバ1551(KACHIMBA1551)とそのピックアップ・メンバーによって構成されたのがカチンバ・クアトロ(KACHIMBA4)のふたつのグループで活動しています。2013年は5度目となるキューバ公演を行い、2014年7月に台湾で、8月には沖縄で台湾のアミ族との音楽交流が決定しています。
●KACHIMBA名義で8枚目となる本作はソン、クンビアから、沖縄語(うちなーぐち)で歌われるメレンゲ、そしてハードロックなどラテン音楽の枠を超えた作品11曲を収録。ゲスト・ヴォーカルには台湾アミ族の若手シンガー、スミン(Suming)が登場!彼の作品「風」を一緒に演奏したボーナス・トラックも必聴!
●収録曲は、アフロスカの軽快なリズムの1曲目、楽しい島豆腐の歌、オリエンタルなムードをまとった4曲目、沖縄の名曲「花ぬ風車(はなぬかじまやー)」のカチンバ・ヴァージョンの5曲目、メレンゲ・ミーツ・うちなーぐちの7曲目などなど、沖縄のエッセンスとラテンのエッセンスをカクテルのように絶妙の配合でミックスしています。最後の「ハード・トラック」と銘打った曲が以外にも(?)かなりかっこいい。沖縄はロックな島でもあることを思い出させられます。
●その美しさが目を惹くジャケットは沖縄伝統の紅型の雑貨で人気の虹亀商店さんの作品です!
(以上、メーカーインフォより)

サルサ楽団カチンバ1551の別動隊とのことですね。各種トロピカル・リズムに日本語&ウチナーグチの歌が乗り軽快絶好調乗り過ぎ感が実に夏向きです!既に8作目だそうですが、ここまでコナレるにはいろいろな工夫や努力、メンバーの楽天性が必要だったんじゃないかと偲ばれます。殊にフルート、三線使いのヘイシャン調出だしから、ク~ンビアと叫びながらチャングイに雪崩込む曲なんか、もう脱帽ですな!


1. Que Rico El Ritmo
2. 島豆腐
3. Bueno!
4. 月ぬ光
5. 花ぬ風車(はなぬかじまやー)
6. Una Nueba Puerta
7. 大風(うふかじ)
8. シエスタOKINAWA
9. Cana De Azucar
Bonus Track:
10. 風(Fali)
Hard Track:
11. Tequilaジョーgoo

go top