BAKO DAGNON / TITATI


久々の再入荷!
マリはバマコ近郊出身の女性グリオによる新録です!fbdj さんのブログで08年ベスト10入りして久しかった作ですが、やっと入荷しました!折よくMM誌輸入盤欄で、”いつものOさん”が紹介されているので、いつものように無断で参考にさせていただくと、このバコ・ダグノン、既に35年ほどのキャリアを持ち、現在、マンデカルーのメンバーとして活躍中~幼い頃は、マリの伝説的なグリオ“老ライオン”こと、故バズマナ・シソッコに可愛がられ、バズマナの家でよく歌っていたそうです。というわけで、この欧州デビュー盤となる本作、制作はイブラヒム・シラ/音楽監督はフランソワ・ブレアンという布陣~生ギター&ベース、ジェンベほか各種壺型打楽器、ハーモニカやフルート、加えて女性コーラスやストリングス、凝っていながらも目立たないエフェクトを駆使し、しなやかでヴァイタル、深みのあるバコの歌声をバックアップしています。近頃、希に見るトラッドかつ手のかかったグリオ系マンディングPOP!おすすめしないわけには行かないでしょうね。こういうアフリカの音、こういう空気感の演奏を待っていた、という方も多いハズ。

go top