KANTE MANFILA & SORRY BAMBA / CLASH MANDINGUE


KANTE-MANFILA-SORRY-BAMBAモリ・カンテの従兄弟、サリフ・ケイタとともに名門アンバサドゥールに参加していたこともあるギニアのギタリスト&シンガー=カンテ・マンフィーラ、そして、マリの老舗楽団、オルケストル・レジョナル・ドゥ・モプティ結成にて人気を得て以来、彼の国を代表するヴェテランとして活躍、05年の夏には来日も果たしてくれた=ソリ・バンバ(シンガー&トランペットほか)~この二人が残した貴重なマンディング系ラテン音源がカップリング復刻されました!う~ん、こんな録音があったとは、知りませんでしたよ。仏オリキ・レーベル、執念深いですねえ、まったく。60年代末~70年代(?)にかけて、象牙海岸はアビジャンのレーベルに残した貴重な音源集とのことですが、カンテ名義のナンバ-が15曲、ソリ名義のナンバーが8曲、ということで、豪華初復刻23曲収録!ともあれ、ここで聞けるカンテのギター・スタイルが、その後の西アフリカ・ラテン系POPに及ぼした影響は非常に大きいような気がします。グァヒーラ&ソン・モントゥーノ&ブーガルーなど、ラテン音楽を模すことで、独自なマンディングPOPを生み出したギニア&マリの音楽の、その起承部分に位置する二人の音源だと思います。また、南アのタウンシップJAZZスタイルや、そして後年のマンディングPOPの先駆けとなるようなスタイルも収録されました!サリフ・ケイタとともに名門アンバサドゥールに参加していたこともあるギニアのギタリスト&シンガー=カンテ・マンフィーラ、そして、マリの老舗楽団、オルケストル・レジョナル・ドゥ・モプティ結成にて人気を得て以来、彼の国を代表するヴェテランとして活躍、昨年の夏には来日も果たしてくれた=ソリ・バンバ(シンガー&トランペットほか)~この二人が残した貴重なマンディング系ラテン音源がカップリング復刻されました!う~ん、こんな録音があったとは、知りませんでしたよ。仏オリキ・レーベル、執念深いですねえ、まったく。60年代末~70年代(?)にかけて、象牙海岸はアビジャンのレーベルに残した貴重な音源集とのことですが、カンテ名義のナンバ-が15曲、ソリ名義のナンバーが8曲、ということで、豪華初復刻23曲収録!ともあれ、ここで聞けるカンテのギター・スタイルが、その後の西アフリカ・ラテン系POPに及ぼした影響は非常に大きいような気がします。グァヒーラ&ソン・モントゥーノ&ブーガルーなど、ラテン音楽を模すことで、独自なマンディングPOPを生み出したギニア&マリの音楽の、その起承部分に位置する二人の音源だと思います。また、南アのタウンシップJAZZスタイルや、そして後年のマンディングPOPの先駆けとなるようなスタイルも収録されました!

go top