ORQUESTA CUBANA DE MUSICA MODERNA


musicamoderna1unikoあのキューバのバカテク集団イラケレの母体となった伝説のオルケスタの67年、デビュー作。アルマンド・ロメウとラファエル・ソマビージャのもと集められたのは、若きチューチョ・バルデース、パキート・デ・リベーラ、アルトゥーロ・サンドバル、オスカル・バルデース、エンリーケ・プラー、ホルヘ・バローナといった後にイラケレを結成する面々に、さらにカチャイート・ロペス、マヌエル・グアヒーロ・ミラバル、ギジェルモ・バレート、フアン・パブロ・トーレスなどなど、まさに革命後キューバのオールスターでした。実力を遺憾なく発揮するためのライブ録音、全体の印象は分厚いサウンドのビッグ・バンド・ジャズですが、”ミント・ジャム”のようなファンキー・チューン”、”レクイエム”のようなキューバン・パーカッションが印象的な映画音楽のようなナンバー、”グアンタナメラ”のようなキューバの伝統曲などバラエティーに富んだ選曲です。キューバ革命の熱い時代の音を是非聴いてみてください!なおこの盤はCDRで原盤に起因するノイズが若干ありますので、予めご了承ください。(LPのA/B面が切れ目ナシに収録~よって収録曲は2トラックとなります。予めご了承ください。)

go top