V.A. / SAIGON ROCK & SOUL


saigon-rockUS SUBLIME FREQUENCIESからアナログ盤のみでリリースされていた「SAIGON ROCK & SOUL」が待望のCD化されました。一曲目からファンキードラマーばりのブレイクビーツに、ジミヘンとレイ・マンザレクがジャムってしまったような熱帯サイケデリア。その後もジャック・ブルーズとジンジャー・ベイカーをバックにサンタナがギター弾きまくっているような暑苦しい演奏が続きます。そして歌う歌手たちも熱い! 本人たちはラテンのつもりでも、仏教木魚に聞こえたり、本人はビートルズのつもりでも、今聴いている我々からしたら、お隣の国のシン・シサモット、ペーン・ロンのほうがよっぽど近いような……そんな事言ったら当時は銃殺ものだったでしょうね。芸名も「エルヴィス・フオン」や「キャロル・キム」など、アメリカにやられまくり、歌の内容もアンチ・ベトコン・ソングだったり。しかし、この先には地獄の黙示録が待っていたわけですからね。 本当に時代の徒花、狂い咲きだったわけです。お隣のクメールロックほど同情は出来ないですが、辺境サイケ好きは必携です。



go top